変態+変態+変態=

出会ってしまった変態達がこの世の改変に魂を注ぐ。3人で更新するgdgdブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ウィクロス大会レポートPart2


ハイ、よーいスタート


パート1からの方、ありがとうございます
パート2からの方、このままでも大丈夫です

さて、ウィクロス大会すき家杯は,
5月17日に各地のカードショップで行われた公認大会で、
参加者にはもれなく、
すき家で使える割引カードと特別イラストのユヅキ0がもらえます。
ユヅキ0が目当てでした。(小声)

形式はスイスドロー、人数は少なく8人だけでした。(勝ち続けて計3戦)

1戦目:ウムル(レベル4)
ライフクロスの最後の1枚でノーゲインがめくれ、
アーツ使い切ってゲームエンドまで持って行けました。
4ウムルの出現時効果がシグニの効果だったので
アークゲインに効かなかったのも勝因


2戦目:サシェ
レゾナでゴリ押しされるとマズイかったが
レゾナンスマーチが入ってなく、
相手のルリグデッキがレゾナ2、ロマネ、サルベージ2の
構成が分かった時点で終盤アーツを気にせず攻めれた


3戦目:3止め緑子多め?)
途中で大器晩成を撃たれるものの、
ヘッケラのライフバーストのおかげで逆転
アーツを多く使う緑子だとアークゲインはやはり厳しい様子


結論:ゲイン強い


大会を終えて,
採用しているアーツがいいバランスでまとまってるように感じたので、
マユまで採用しなくても充分かな、という印象
もしマユにするなら、
モダンバウンダリーを入れて防御しつつマユまでグロウしたあと、
モダン回収で決着の流れが普通でしょうか


さて、もうすぐウィクロス新弾
ネクストセレクター発売ですね
赤タマを筆頭に緑子ミルルンウリスたちの
クロスシグニ登場とサシェのレゾナとそのサポート強化がされる弾ですね

新弾で登場するカードで赤タマ
採用できそうな赤のカードを挙げてみましょう

合炎奇炎 タマヨリヒメ之肆
レベル 4
リミット 11
グロウコスト 赤(3)【常】:あなたの[クロス]を持つシグニ1体が場に出るたび、
ターン終了時まで、シグニ1体のパワーを+2000する。
【常】:あなたのシグニが【ヘブン】したとき、ターン終了時まで、
あなたのシグニ1体は【ダブルクラッシュ】を得る。
【起】[赤][ダウン]:対戦相手のパワー12000以下のシグニ1体をバニッシュする。
この能力はあなたの場にクロス状態のシグニがある場合にしか使用できない。

パンプ効果、ダブクラ付与、バニッシュ効果の3種類の効果持ち
パンプ効果はクロスを持つシグニを出すだけでいいので発動は簡単、
細かいところでは相手のシグニのパワーも上げられるので意外な使い方もありそう。
どこかで見たコンボですが、
ゲイヴォルグの効果発動のためのパンプができる、っていうのが素晴らしい(光悦)
ダブクラ付与は新弾に収録されるウェポンのクロスシグニが高いバニッシュ性能を持つので、
トドメの射程圏が広がるのは良い点
バニッシュ効果はダウンかつ、
クロス状態(クロスシグニが両方場に揃っている状態)のため使い辛いですが、
レベル4シグニを狙えるので、上記のダブクラ付与と合わせて使えるのがポイント


弩砲 ファイヤレイジ

カードタイプ シグニ
タイプ 精武:ウェポン
レベル 4
パワー 12000
限定条件 タマ限定
【クロス】《轟砲 マスケッタ》の左
【クロス常】:このシグニのパワーは15000になる。
【出】[赤]:対戦相手のパワー7000以下のシグニ1体をバニッシュする。
【クロス常】:このシグニが【ヘブン】した時、
あなたは[赤]支払ってもよい。そうした場合、
対戦相手のパワー15000以下のシグニ1体をバニッシュする。
【ライフバースト】:対戦相手のパワー10000以下のシグニ1体をバニッシュする。


轟砲 マスケッタ

カードタイプ シグニ
タイプ 精武:ウェポン
レベル 3
パワー 8000
限定条件 -
【クロス】《弩砲 ファイヤレイジ》の右
【クロス出】:以下の2つから1つを選ぶ。
「ターン終了時まで、このシグニのパワーは15000になる。」
「対戦相手のパワー5000以下のシグニ1体をバニッシュする。」

ファイアレイジ、マスケッタのクロスヘブンのペア
両方の能力が相手のシグニをバニッシュする効果をもつため
相手の場を開けてライフクロスにダメージを与えやすく、
レベル4になったターンのうちに決着をつけやすい点も優秀

この2枚はヘッケラ、コックと入れ替えて相手のシグニを焼く能力に
特化した構築にもできますね。
その時気をつけておきたいのは
ファイアレイジヘッケラの特徴の違いでしょう

ファイアレイジはパワー15000以下ならばバニッシュできますが
アークゲインの耐性やパワーが上がることで対象から外れてしまうなど
相手のシグニを除去できない場合があります。

対して、ヘッケラは同じ赤1払うことで直接ライフクロスを狙うことができるので、
アタックしてヘブン状態になるのを邪魔されなければ確実に一枚のダメージを与えられます

余談ですが、ヘッケラがアタックし、ヘブン効果で1ダメージ与えたときに
ライフバーストでヘッケラが場を離れた場合、そのアタックは無効になるそうです。

ヘブン時の効果はアタックの判定の一番初めに処理します
例:(コックがダウンしている状態で)ヘッケラがアタック⇒
ヘブンしたため、赤1を払い起動効果を発動し相手ライフをクラッシュ⇒
ライフバーストが出た場合その効果を処理⇒
ヘッケラが場に残っている場合アタックを続行し目の前のシグニとバトル、
いない場合、相手ライフにダメージという流れ


他にもいろいろ採用してみたいカード、面白そうなカードがありますが、
長くなりそうなのでこの辺で(長くなるのがあんまり好きじゃないので)

次回の記事はネクストセレクター開封結果の予定です。
それでは、次回の更新でお会いしましょう
ばいに~

スポンサーサイト
ジェネPの人生レポート | コメント:0 | トラックバック:0 |

ウィクロス大会レポートPart1


随分と更新が滞ってしまいました
おいす



今回は先日発売したレッドホープ赤タマ)をベースに、
他の方のレシピを参考にして完成した
紅蓮赤タマデッキの紹介です。

先日の各地のカードショップで行われた
「すき家杯」にこのデッキで参加し、
優勝することができました!

あまり大会には参加しないので優勝できて嬉しいです!


こちらがレシピになります

紅蓮赤タマ

(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《タマヨリヒメ之零》
1×《焔 タマヨリヒメ之壱》
1×《轟轟 タマヨリヒメ之弐》
1×《弾末音 タマヨリヒメ之参》
1×《紅蓮の巫女 タマヨリヒメ》
【アーツ】
1×《烈覇一絡》
1×《ホワイト・ホープ》
1×《モダン・バウンダリー》
1×《サルベージ》
1×《クロスロード》
メインデッキ
【シグニ】
2×《小砲 デリン》
2×《爆砲 ナインティーン》
2×《爆砲 スタン》
4×《轟砲 コック》
1×《小盾 ラウンド》
2×《苦無 ザンテツ》
1×《中壊 モーニン》
2×《忘得ぬ幻想 ヴァルキリー》
1×《大剣 レヴァテイン》
2×《祝福の女神 アテナ》
【スペル】
1×《ゲット・インデックス》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
2×《小砲 グレネド》
4×《弩砲 ヘッケラ》
4×《サーバント O》
4×《サーバント D》
2×《先駆の大天使 アークゲイン》
【スペル】
4×《ノー・ゲイン》


うーん…平凡だな!って感じのレシピです

ルリグがタマなので、
タマ限定の協力なカードを無理なく入れられるのが良い点

アーツなどの採用したポイントを挙げていきましょー


ルリグデッキ
タマはマユにグロウできるので、
採用も十分考えられますが、
サーチ系が少ないため、
リクルート効果の紅蓮の効果を使いたくてマユは入れてません(早い話持ってません)


サルベージ
基本的にはトラッシュのアークゲイン回収。
レベル3までは赤なので、クロス回収も可能。
オーバーサルベージだとエナが足りないので採用見送り。


クロスロード
序盤ならスタングレネド、終盤ならヘッケラコック、
紅蓮タマの効果発動の弾(HHEM村引越し予定)と選択肢は色々。
場にクロス状態のシグ二がいたら追加1枚サーチとか欲しかった


モダン・バウンダリー
2コスでアタックにも使えるが宣言したカードがめくれないとトップ入れ替えのみ。
外してもトップ3枚操作だから外しても許せる?


烈覇一絡
赤エナがよく余る印象があったので採用。
紅蓮にグロウしたあとは白エナ消費にウェイトがかなり傾くためアイドルをoutし烈覇に。

ホワイト・ホープ
攻防に使える万能アーツ。白2がなくて撃てなくなることがある他、
序盤で下級が来すぎるとすぐに呼べるアーム、ウエポンがいなくなる。
紅蓮の起動効果で手札が切れてもこのカードで詰めまで持っていける。


メイン(バースト無し)
3以下のシグニをサーチできるヴァルキリーと一体バニッシュで白シグニをサーチするゲットインデックスは、
ライフクロスの中身も把握できるできるため強い。

アークゲイン効果でアテナアテナの効果で場を空けて攻撃を通すコンボも優秀


メイン(バースト有り)
タマといったらこのカード、といってもいいようなアークゲインノーゲイン
これらの強力なカードのおかげで勝つことができてる現状です。
ありがとう。ヘイト集めちゃってごめんね

ヘッケラ、コックでクロスして場を空けて
ヘブン時効果で一気に相手のライフクロスを削れるのは良い
ヘッケラに対して相手が焦って防御アーツを使ってくれれば、
その後の詰めもしやすくなる
(ゲインコンビの存在があるので、そこまでアーツに気をつけなくてもいいという)

スタン、グレネドは枚数を減らしているため、
序盤でクロスできればいいなぐらいで採用してます。
ホワイトホープで呼んでクロスできればパワーが上がるため壁にすると頼りになる。



長くなってしまったので今回はここまで
次回はすき家杯の対戦結果ともうすぐ発売の
ネクストセレクターについてです。
閲覧いただきありがとーございます
m(_ _)m


ジェネPの人生レポート | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。